2022年6月下旬芝生 スプリンクラー投入

  • 2022年7月6日
  • 2022年7月2日
  • 芝生

暑い・・・暑すぎる・・・

今年の6月は梅雨が明けてしまうし、40℃を超える暑さ。

流石にこれでは芝生もダメージがあると思い急遽スプリンクラーを投入しました。

スプリンクラーは散水タイマーとセットがおすすめ

芝生は早朝の水やりがおすすめです。

日中は暑くて水を撒いても熱くなって芝生にダメージがありますし、夕方の散水は朝まで濡れた状態が続くので良くないと考えています。そのため早朝の1回のみ散水して、たっぷりの水を与えることを心がけています。

そこで必要なのがスプリンクラーと散水タイマーです。

まずは水栓に直接散水タイマーをつけると他の用途で使用したい時に困るので分岐水栓を用意。片方にタイマーをセットしてホースでスプリンクラーと接続します。

基本的にガルデナというドイツのメーカーを使用しています。頑丈で壊れにくいです。

水栓につけるニップルはタカギ。これが便利で、ネジを使用しないので水栓に傷つかないのです。おすすめです。

あまりに暑いので、普通なら節水のために3日に1回程度の散水にしていますが、2日に1回にしました。

40℃もあったら毎日散水でも良いと思います。

朝4時から20分間自動で水やりをしてくれます。

朝の4時なら周りが水を使っていないので水圧も落ちずに指定範囲に散水できます。7時くらいになると周りも水を使い出すので水圧が落ちてくるんですよね。

使用しているタイマーはガルデナで液晶付き。しかもこのモデル安いんです。

以前は初期型の液晶無しのガルデナ散水タイマーを使用していたのですが、設定がちょっと面倒でした。液晶付きはやはり便利です。

GARDENA(ガルデナ)
¥7,983 (2022/07/02 14:23時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で購入
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで購入

ガルデナのアクアズーム。写真は旧型。今は現行型になっていますのでそちらを購入してください。

約10年間壊れていません。夏場の間外に出しっ放しですが、色が褪せたくらいで破損はないです。頑丈。

四角く散水したいならこちらをおすすめします。ただし上空に水が跳ね上がるので隣家が極端に近くて迷惑をかけそうならガルデナの他の散水方式のスプリンクラーを購入してください。

ちなみに散水範囲はある程度設定できるので大きいサイズのスプリンクラーを購入しておくのがベストです。

GARDENA(ガルデナ)
¥7,950 (2022/07/02 14:29時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で購入
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで購入

まとめ

夏になると蚊も出てきて刺されますし、散水にかける時間も勿体無いです。

初期投資はかかりますが、タイマーとスプリンクラーで楽に散水してこの暑い夏を乗り切りましょう。

WordPress有料テーマ THE THOR(ザ・トール)

SEOに強い美しいWordPressテーマ