スミチオンでスジキリヨトウを駆除

  • 2022年8月17日
  • 2022年7月31日
  • 芝生

芝生がまだらに枯れている。

栄養剤を与えているのに元気がない。

そんなことはありませんか?

もしかしたら害虫のせいかもしれません。

害虫には殺虫剤を

今年はキノコ駆除に力を入れてしまって、通常の芝生お手入れが疎かになっていました。

ずっと芝生がまだらに枯れています。この場合は虫の食害が疑われます。

特にスジキリヨトウやシバツトガの食害が考えられます。

芝生を貼ってから久しぶりに殺虫剤を散布したら恐ろしいくらいのスジキリヨトウが出てきたので、今年もいると思われます。

根を食べてしまう幼虫の時期に殺虫剤を撒き、芝生の土中に生息している虫を駆除していきましょう。

散布時期に適切に殺虫剤を撒きましょう。

出典:バイエル


年に数回散布します。バイエルさんのページによると5月から、8月前半から、10月前半からが良いそうです。特に8月は散布の好時期で幼虫が活発に活動する夕方の散布がおすすめとのこと。

本日は7月末ですので散布しても良さそうですね。

しかし枯れたような状態なら時期を待たずにすぐに散布した方が良いです。


スミチオン希釈&散布方法

殺虫剤はスミチオンを使用しています。1000倍希釈液で芝生に散布します。

散布するのはスプレイヤーを使用して1000倍にします。

我が家のスプレイヤーは絶版ですので、後継品を購入してください。

ジョウロでも良いのですが、芝生の範囲が大きいと時間もかかりますし、あっという間にスミチオンがなくなってしまいますからスプレイヤーの使用をお勧めします。

虫が活動を始める夕方の散布がお勧めです。午前中に芝生を刈っておいて、夕方にスミチオン散布というのも良さそう。

まずは芝生を刈ってから散布しましょう。下記が現在の芝生状況。

もっと青々として良いのに一部茶色に枯れています。数年前からちょっと生育状況が良くないです。

液体肥料のメネデールも散布します。夏に固形肥料を散布すると肥料やけを起こすので液体を愛用しています。即効性もあります。

スミチオンを希釈するために水ではなくメネデールを使用します。ついでに芝生用除草剤MCPPも混ぜて一気に散布してしまいます。時短です。ちなみに今回は午前中に散布しました。夕方の方が良いのですが時間が取れませんでした。

スミチオンを200mL程度入れて、メネデールを200mL入れます。これで2倍希釈液ができるので、スプレイヤーの倍率を500倍にしてやれば1000倍希釈となります。

今回は除草剤のMCPPも混ぜるので、スミチオンをちょっと多めにしておきました。

液体系で揃えておくとスプレイヤーでまとめて散布ができるので本当に楽です。

キノコの殺菌剤も今度はアルムグリーンを購入してまとめて散布しようと思います。


散布して10〜30分くらい経つと地面の下から虫が苦しそうにして出てきます。ある程度地面に染み込ませたいのでしっかり散布しましょう。

上に出てきました。

やはり結構いましたね。芝生の根を幼虫が食べてしまうので芝生が枯れていってしまいます。

地面に染み込ませるようにしっかりと散布してください。

芝生の元気がない場合は根が食べられていることが多いです。

適切な時期に適切な殺虫剤を使用してきれいな芝生を維持していきましょう。

メネデール
¥779 (2022/09/26 13:36時点 | Amazon調べ)
MBC(丸和バイオケミカル)
¥3,356 (2022/09/27 03:58時点 | Amazon調べ)
日本最大級のゴルフ場予約サイト 楽天GORA

ゴルフ場の予約なら楽天GORA

【ミラブルストア】シャワーじゃないシャワー「ミラブルゼロ」

TV・CMで話題のシャワー「ミラブルzero」
「ミラブルzero」は浴室のシャワーヘッドを取り替えるだけで、
毛穴の奥まで届くウルトラファインバブル(超微細気泡)を生成する、
優れた洗浄効果を持つシャワーに変わります。