2022年3月下旬芝生 シバゲン散布

  • 2022年4月9日
  • 2022年4月13日
  • 芝生

芝生も少しづつ緑の部分も見られるようになってきました。

それと同時に芝生には雑草もちらほら見られます。

除草剤の出番ですね。



シーズン初めに持続性の除草剤を散布

除草剤にも即効性のものや遅効性のもの、持続性のものなど色々あります。

シーズン初めは持続性除草剤を散布します。だいたい6ヶ月程度効いてくれるものが良いですね。

頻繁に除草剤を撒きたくないので。

個人的に使用している除草剤は

即効性:MCPP、シバキープエースシャワー

持続性:シバゲン、シバキーププラスV

以上です。

MCPPは薄めて使用する必要がありますが、広範囲に広がるスギナなどに悩まされている人にはお勧めです。

希釈道具はスプレイヤーを使用すると楽ですし、広範囲に一気に散布できます。

もちろん芝生は枯れません。

我が家も建てたばかりの時はスギナや雑草がひどくてどうしようか悩みました。MCPPは安いですし、スプレイヤーで散布すればお手軽です。そして驚くほどの効果。数年かけて撲滅させました。

今では夏に少し生える程度でおさまっています。

シバキープエースシャワーはスポットで散布したい時に使用します。気がついた時にサッと噴霧できます。

夏に出てくるスギナなどに散布しています。スプレータイプなので散布が楽です。

シバゲンは春夏は40日程度、秋冬は120日程度雑草の発生を予防します。そのためシーズン初めと終わりの2回散布しています。

シバキーププラスVは4ヶ月程度の雑草抑制効果があります。また、予防だけでなく除草効果、肥料も配合されているのでついでに芝生の生育にも効果あり。固形なのでスプレッダーで一気に散布します。

5、6月くらいに散布しています。

シバゲンの散布方法

噴霧器にシバゲンを溶解して噴霧します。

シバゲンは価格が高いのですが、ご家庭で使用する量は少なめ。

4Lの噴霧器に0.5g〜1g程度入れて散布します。

噴霧器で散布するのでなるべく風が吹いていない時に散布してくださいね。



今年はちょっと雑草が多めな感じでしたが、シバゲンが効いてくれることを願います。

効果が出るまでは5日程度かかります。なるべく散布前後に雨が降らない時を狙って散布しましょう。

関連記事

芝生省力管理スケジュール 芝生ってお手入れを怠るときれいにならないのですよ。とはいえ会社勤めだとなかなか時間がとれない。休みの日が雨だと芝刈りができずに次の週になってしまうことも多いですよね。そうすると芝生がぼさぼさになって見栄えが[…]

関連記事

庭に芝を張るならこれだけは揃えよう 私は家を新築して庭をどうするか考えたときに木を植えるのも面倒だったので芝生を張ることにしました。 芝にも夏芝や冬芝などありますが、もっともポピュラーなのは夏芝の高麗芝だと思います。 高[…]