光脱毛器 ルメアアドバンスを男性が使用してみた

フィリップスの光脱毛器ルメア アドバンスを購入してみました。

妻はワキのみ医療機関で永久脱毛をしているのですが、足はやっていないため気になるとのことで購入。

子供も自分も使用できますので、コスパは良いと判断。

光脱毛器はブラウンやパナソニックもありましたが、価格が高かったためフィリップスへ。

フィリップスは電動歯ブラシ、シェーバーと使用しており信頼がおけるメーカーです。



ルメアのおすすめできる方

光脱毛は永久脱毛ではありません。

よって永久に脱毛したいなら医療機関へ行きましょう。エステサロンとか行くならさっさと病院へ。そのほうが早いし確実に脱毛できます。価格は高いですが通う手間と永久ではないことを考えると医療機関の永久脱毛の方がコスパよしです。

ルメアなどの家庭用光脱毛器がおすすめできる方は、病院に行くまででもない部位の脱毛や、毛が薄くそこまで気にならない方。こういった方はご家庭でできる光脱毛器で定期的にメンテナンスすることで毛が生えにくくなり、毛穴が目立たなくなってきます。

使用法

ルメアアドバンスは電源コードを差し込んで使用するタイプ。ルメアプレステージはバッテリー駆動。

バッテリー駆動は取り回しが良いという利点もありますが、重いです。

性能は変わりないのでアドバンスでも十分かと。

ワキとビキニライン用アタッチメントがプレステージには付いてきます。体用でもワキには使用できますので、とりあえずアドバンスでも十分かと。VIは体用でも使用可能。Oはルメアは使用不可。

VIにはパナソニックは使用可能。VIOすべて出来るのはヤーマン。

ちなみに男性のひげはパナソニックとヤーマンは使用可能です。

VIOやひげもしっかり行いたい方はルメアを購入してはいけません。

アドバンスは362gでプレステージは495g。

軽いと腕も疲れません。

パートナーがいる方はパートナーにやってもらったほうが楽です。

コードは十分な長さですし、使いたいときにバッテリー切れという心配もないのでコード付きがベスト。

ステップ①

カミソリなどできれいに除毛します。(除毛クリームなど使用の除毛はだめです。)

ステップ②

電源を入れ、肌の色や毛の色、敏感さに合った照射レベルを5段階から選びます。

ステップ③

ハンドル部分のボタンを押して照射します。

ボタンを押したままスライドさせると連続照射ができます。

ステップ④

安心センサーにより誤照射を防ぎます。照射面が正しく肌にあたっていると背面のREADY(準備完了)ランプが点灯し、照射ボタンが押せるようになります。

肌の色に対して照射レベルが強すぎる場合、照射をストップする肌色センサーも備わっています。

1~5の照射レベルは手動選択です。ブラウンは自動選択ですがフィリップスは手動。

とはいえ特に困ることもありません。

まずは1で照射して、問題ないレベルまで引き上げるだけ。

自分で使用する照射レベルがわかれば、基本固定で照射すればよいです。

日本人は3~4の照射レベルでよいそうです。慣れてる方は5でも問題ないでしょう。

まずは単回照射して、レベルが固定できればボタン押しっぱなしの連続照射モードにしてくまなく処置してください。



使用のポイント

カミソリで剃毛したら、保湿剤などでお肌のケアをしておきましょう。あらかじめ保冷剤で皮膚を冷やしておくと熱も感じにくくなります。

照射後も冷やすと肌トラブルを防げます。

照射すると光が発生しますが、サングラスとかは基本不要です。

とはいえかなりまぶしいので、周りが明るい日中にやるのがおすすめです。

暗い部屋でやると漏れた光でかなりまぶしいので、暗い場所ではサングラスを使用したほうがまぶしくないです。

使用間隔

初めの2~3か月は2週間ごとに。その後は4~8週間間隔での照射が必要です。

効果が実感できるのは3回照射くらいからのよう。

毛周期に合わせて光が反応するので、やはり3回以上照射して効果が実感できるでしょう。

永久脱毛ではないので、間隔は広がっても定期的なメンテナンスは必要です。

使用できない部位

目と眉毛の周辺、耳、乳首、乳輪、へそ内部、外陰部、膣部、肛門、男性はヒゲ含め顔全体、男性器は使用できません。

男性のひげ・顔はNG。女性のひげはOK。

男性のひげの場合は家庭用のものでは効果が弱いので医療脱毛にしましょう。医療脱毛ならつるつるになります。とはいえ医療脱毛でも決められた回数はしっかり通って治療をうけてください。

上でも書きましたが、パナソニックとヤーマンは男性のひげにも使用可能。VIOすべて出来るのはヤーマン。パナソニックはVIは可能です。そちらも徹底的にやりたい方はルメアを購入してはいけません。

実際に使用してみると

カミソリを使用して剃毛。

その後おそるおそるレベル1にして照射。

まったく痛くもないので、レベル2に引き上げて照射。

やはり痛くないので3で照射。

多少の熱さとちくっとした感覚が。

初回はレベル3でくまなく照射しました。

ルメア自体はファンの音がなって、毛が残っていると照射後に焦げたにおいがします。

妻は足をレベル3で、顔も同じくレベル3で照射。

私もレベル3で足を処置しました。

ふくらはぎとかやりにくいですね。パートナーがいる方はやってもらった方が楽です。

子供も足、顔ともにレベル3で。子供はやはり毛が薄いため全く痛くもないそう。


2週間後に足を見ると、やはり毛は生えてきています。効果が実感できるのは3回使用後からとのこと。

もう一度カミソリで剃毛を行い、再度照射します。

慣れてきたのでレベル4で足を行いました。

レベル4だと多少の熱さを感じます。とはいえ毛が薄いところはあまり熱くも痛くもありません。

顔は念のため3で。

定期的に処置を行います。

3回照射後の状況

2週間の間隔をあけ3回照射してみました。

まだ生えてきてはいますが、生えていないところもありますね。

妻も少なくなっては来ているようですがまだ生えてきているところもあります。

3回程度ではだめですが、少なくなってきているのは実感できています。

これは3ヶ月程度は続けないとだめな感じ。

ただお手入れにかかる時間は少ないので続けていけそう。

まとめ

男性でも意外といけそうというのが実際のところ。

私は毛深い方ではないので足しかやりませんが、少しづつ効果が表れてきていい感じです。

家族で使用すればコスパもよいです。

ただ効果が実感できるまでは最低3か月は続ける必要があると思います。

とはいえ月に2回の照射頻度なので手間でもないですね。

価格もルメアは比較的安いのでとっかかりとしてお勧めします。