はてなブログから移行しました。(旧:核家族だいふくのブログ)

ルンバの動きがおかしくなったのでバッテリーを交換した

ルンバがホームベースに帰らない

我が家では1階と2階のそれぞれでルンバを使用しています。

もともと試しに安いルンバ600シリーズを買ったら想像以上に便利だったので、900シリーズを買い足して1階はルンバ980、2階はルンバ622を使用しております。

今回はルンバ622の話です。

週に2回程度ルンバで掃除していたのですが、連続してルンバがホームベースに帰って行きません。

ホームベースの近くで止まってたり、他の場所で止まってたり。

壊れたのかと思って公式HPをみると対処法が書いてあったので試してみました。

  1. 充電器の電源コードが破損していないか確認。
  2. 充電器をコンセントに差し込み、電源ランプが緑色に点灯することを確認。
  3. ホームベースに充電器を差し込み、しっかりと完全に差し込まれていることを確認。ホームベースの電源ランプが約4秒ごとに点滅していることを確認。
  4. 赤外線が干渉する場合があるため、ホームベースの 2.4 m 以内にバーチャルウォール®、お部屋ナビ®、または他のホームベースがないことを確認。
  5. ホームベース®を障害物がない広いエリアに置きます。
  6. ルンパーやホームベースに、ステッカー、テープ、塗料などの異物が付着していないことを確認。
  7. ホームベースとロボットの充電用接続部を、乾いた清潔な布で拭き、たまっているゴミを取り除く。
  8. ルンバをホームベースから 2メートル 以内の位置に置き、 ドックボタンを押してルンバがホームベースに戻ることを確認。

すべて確認しましたが、該当箇所はありませんでした。外装もきれいですし、接点部分も問題なし。近くからならドックボタンを押してきちんとホームベースに帰還します。

修理に出しても良いのですが、2年も使用しているし、たぶん原因はバッテリーだとあたりをつけました。

バッテリーは純正品か互換品どちらを買うか

おそらく1階で使用しているルンバ980が調子が悪くなったら純正品を買うでしょう。保証の面もありますが、ルンバ980は10万円と高額商品ですし、もし互換品で不具合が起きたら損失が大きすぎます。

しかし今回は安い622です。必然的に互換品で十分という結論に達しました。

ちなみに純正バッテリーは値段が高いです。 

今回はこちらの互換品を購入しました。

値段も安いですね。

ちなみに同じOrange Lineさんの商品でもっと安い商品もあります。

ここで注意があります。

大容量バッテリーにしてもルンバの稼働時間は機種ごとに違います!

きちんと注意書きにも書いてありますが、

ルンバ稼働時間も他品やiRobot純正バッテリーが90分程度であるのと比較し、Orange Line製バッテリーは110分程度となり、ルンバが長い間お掃除を頑張ってくれます!

※お部屋ナビを使用されない場合はバッテリー残量があってもルンバは60分程度でホームへ戻ってゆきます。

お部屋ナビを使えない機種だとどんなに大容量バッテリーでも60分で自動的にホームへ帰還するのです!

お部屋ナビがないと、たとえば和室、リビング、子供部屋の3部屋があったとしても大きな1部屋としか考えてくれないので、ランダムに60分掃除したらホームへ帰還するのです。

お部屋ナビがあると和室をきれいにしたら次はリビング。リビングをきれいにしたら子供部屋、とそれぞれの部屋をきれいにしてホームへ帰還していきます。

我が家のルンバ622はお部屋ナビ機能は使えませんので、大容量バッテリーの恩恵は受けられません。

お部屋ナビを使うにはルンバが「ライトハウスモード」を搭載していなければなりません。

ライトハウスモードを搭載しているのはルンバ780、880、885のみです。

ちなみにルンバ900シリーズはカメラを搭載していて掃除アルゴリズムが違うので関係ありません。

しまった、安い互換バッテリーでよかったと、あとから後悔しました。

バッテリーを買う前にルンバの機種の確認はしましょう。

 バッテリー交換は簡単でだれでもできると思います。

保証の関係もありますし、劣化した純正バッテリーは一応とっておいた方が良いかもしれません。

まとめ

互換品に交換したところ、もとのように元気よく動いています。

レビューではすぐにだめになったと報告もありますが、交換して4ヶ月たった今もとくに不具合もなく、稼働時間も約60分と正常に動いています。

2年以降たって挙動がおかしい場合はバッテリー劣化の可能性が高いので、すぐ交換しましょう。

互換品が心配な方は純正品をおすすめします。

※追記※

オレンジラインさんのバッテリーを4ヶ月くらい使用していたら、またルンバが帰還しなくなりました。やっぱり互換品は失敗かなーと思っていると、ちょうどその頃タイミング良くオレンジラインさんからアマゾン経由で調子を伺うメールが来ました。

調子が悪いことを伝えるとすぐさま新品を送ってくださり、今のバッテリーは処分してくださいとのこと。

アフターサポートも完璧でした。1年補償が付いているのでこの対応には助かりました。

ライフの最新記事8件