はてなブログから移行しました。(旧:核家族だいふくのブログ)

2019年4月 芝の穂刈りをしました

  • 2019年4月14日
  • 2020年5月30日
  • 芝生

穂刈りと刈高

4月。

そろそろ芝生の手入れのシーズンですね。芝生活動、芝活開始です。

我が家は芝の丈があまり伸びないTM9というトヨタの開発した芝生を植えています。

このTM9、4月に穂が出てくるわけですが、ここで芝刈りをして栄養不足にならないように注意しましょう。穂があると黒い感じで見た目も良くありません。

見ると穂が出ている様子。これを刈っていきましょう。2019年初の芝刈りです。

f:id:daifukumoney:20190414190341p:plain

この焦げ茶色のものが穂です。

我が家の芝刈り機はゴールデンスター(キンボシ)のイーグルモアー。ちょっと重いです。バーディモアーが取り回しがしやすく軽くておすすめ。切れ味に変わりはありません。横幅が違うので一回に刈り取る範囲が違います。

 日本製で研磨セットを買えば研ぎもできます。

穂刈りは刈り高を最低の10mmにします。高いと穂が刈れませんからね。

もっと成長するまでは刈り高10mmで行きます。

f:id:daifukumoney:20190414191054p:plain

左だけ刈ってみました。茶色が減っていますね。穂が刈り取られました。

4月はこの調子で穂が出るたびに刈っていきましょう。

f:id:daifukumoney:20190414191242p:plain

落ち葉の処理方法

我が家にはシマトネリコの木がありまして、冬になると落葉して落ち葉がたくさんになってしまいます。芝刈り機でついでに落ち葉も回収します。

しかし、なかなか芝刈り機だけでは回収しきれず、見た目も悪くなるのでリョービのブロワバキュームを使用して落ち葉を定期的に回収します。

しかし、これにはコツがありまして、単純にバキュームするとダストバックに落ち葉がくっついて大変なことになるんです。

そこで収穫ネットを使用します。

f:id:daifukumoney:20190414191831p:plain

定期的に吸ってはいましたが、まだ落ち葉が。

手で拾うのも時間かかりますし、芝刈り機では回収しきれません。

f:id:daifukumoney:20190414192013p:plain

この赤いネットが収穫ネット。これをダストバックにセットします。

f:id:daifukumoney:20190414192137p:plain

こんな感じに。手前までネットがありませんが、これで良いです。

奥側に吸引口が来るので、きちんとゴミはネットにたまるようになります。

f:id:daifukumoney:20190414192305p:plain

最後に取り出してそのまま捨てられます。

土などはネットを抜けてダストバックにたまりますので、こちらは洗ってください。

でも落ち葉を分離できるので圧倒的に掃除が楽です!!

ネットはこちらを使用しています。 

 10kg用もあります。こちらでも良いかもしれません。 

 バキュームはリョービ。延長コードセットが安いのでおすすめ。というか延長コードがないと掃除できません。

音は大きいです。これは仕方ないですね。

落ち葉の処理はこれがないと我が家はつらい。

f:id:daifukumoney:20190414193244p:plain

少し残っている落ち葉もありますが、きれいになりました。

芝も落ち葉も処理したので、今年初めての液肥を散布します。

f:id:daifukumoney:20190414193411p:plain

我が家はメネデールを通年通して使用しています。

散布にはスプレイヤーを使用しますが、今は製造されていません。

売っていても値段が高騰していますので買ってはいけません。

同じメーカーから出ているスプレイヤーAQUA+を買ってください。

このスプレイヤーにメネデールを入れて500倍希釈で一気に散布します。

f:id:daifukumoney:20190414193738p:plain

これがないと肥料の散布に時間がかかってこまめな手入れができません。

まんべんなく散布します。いつも200~300mL程度のメネデールを入れて散布します。

最近蛇口につけるニップルが壊れてしまいました。

昔ながらのネジでとめるタイプなのですが、ネジ式だと蛇口に傷がつくんですよね。

そこで何か良いものがないか探したのですが、タカギのニップルはネジを使用しないタイプですごく良いので紹介します。お店には売っていませんでした。

f:id:daifukumoney:20190414194242p:plain

上からパーツをはめるだけ。

これは傷つかないし、水漏れもしないし最高の商品だと思います。

今年最初の芝手入れは色々盛りだくさんですが、今年も省力管理でいきたいと思います。

関連記事

芝生省力管理スケジュール 芝生ってお手入れを怠るときれいにならないのですよ。とはいえ会社勤めだとなかなか時間がとれない。休みの日が雨だと芝刈りができずに次の週になってしまうことも多いですよね。そうすると芝生がぼさぼさになって見栄えが[…]

関連記事

庭に芝を張るならこれだけは揃えよう 私は家を新築して庭をどうするか考えたときに木を植えるのも面倒だったので芝生を張ることにしました。 芝にも夏芝や冬芝などありますが、もっともポピュラーなのは夏芝の高麗芝だと思います。 高[…]