はてなブログから移行しました。(旧:核家族だいふくのブログ)

わさびd’airを車のフィルターに取り付ける

  • 2019年12月28日
  • 2020年6月21日

車はディーラーの定期点検に出しておりますが、その際にかならず「わさびd’air」を取り付けることにしています。

ディーラーの点検パックに入るとエアコンフィルターを定期的に取り替えてくれますが、それでも梅雨時期などエアコンから異臭がする場合があります。

フィルター交換時に一緒にわさびd’airをエアコンフィルターに取り付けることによりエアコンから出る悪臭をかなり軽減できるのです。以前においがしたときにこれを取り付けたら悪臭がなくなって以来、定期的に交換するようにしています。

フィルターアクセス方法

車によってフィルターまでのアクセス方法が違いますが、基本的には同じです。

グローブボックスの後ろにフィルターはあります。説明書を見ればアクセス方法がわかります。

ディーラーでやってもらっても良いですが、すぐできるし自分でやりましょう。

これができれば自分で高性能フィルターに交換することもできますので工賃が浮きます。

 フィルターも自分の好みの製品を取り付けることができますよ。

メーカーごとにサイズが違うので購入の際は注意してください。

 では早速わさびd’airを取り付けていきましょう。

f:id:daifukumoney:20191215165814p:plain

期間は約1年。これできれいな空気が吸えると思えば安いです。

f:id:daifukumoney:20191215170004p:plain

まずはグローブボックスの中身を取って軽くしておきます。本体を外すので中身があると重いです。

f:id:daifukumoney:20191215170134p:plain

ちょっと力を入れて外します。

外したらPUSHという文字が見えると思いますが、左右から手で押してグローブボックスを外します。左右ですよ。少したわませて取ります。これも少し力が要ります。

f:id:daifukumoney:20191215170402p:plain

外れました。グローブボックスが下に見えますね。

ちなみにフィルター収納部分は右上の青いパーツが付いている部分です。

白いふたにはツメが付いているのですぐ外れます。

f:id:daifukumoney:20191215170606p:plain

ふたを外しました。

DRIVE JOYはディーラーで行うエボパレータークリーナー剤ですね。

ちゃんとしています。

f:id:daifukumoney:20191215170733p:plain

外した後です。

UPと書いてある白いものがエアコンフィルター。これにわさびd’airを取り付けます。

フィルターを引き抜いてください。

f:id:daifukumoney:20191215170933p:plain

これがわさびd’air本体。つーーーんとわさびの香りがします。

エアコン作動中はわさびの香りがしなくて、停止中だけわさび成分が循環されて除菌する仕組み。エアコン作動時にちょっとわさび臭がする感じ。

f:id:daifukumoney:20191215171232p:plain

説明書通りに上下を間違えないようにセットします。このままでは落ちてしまうので、付属のクリップで本体を固定します。

f:id:daifukumoney:20191215171536p:plain

あとは車に戻して終了となります。

まとめ

作業時間は10分以内。

新車購入時や、定期点検でフィルターを交換した際には一緒に交換するようにしてください。梅雨時期でのいやなにおいがだいぶ軽減できますよ。

ただ、まれに定期点検でディーラーが勝手にフィルターなどを交換してしまうときがあるので、事前に説明しておくと良いと思います。

の最新記事8件