2021年6月下旬 シバキープで除草メンテ

  • 2021年7月10日
  • 2021年6月30日
  • 芝生

現在の芝生は刈高10mmカットを継続しています。

晴れなので休みの日に定期定期に芝刈りが出来ています。

TM9はあまり伸びない芝生なので週1芝刈りで十分綺麗な状態がキープできます。

とはいえ、6月なので茶色部分と、軸刈りして茶色になっている部分は多いです。

例年6月は写真のような感じで、7月に入ると一気に状態が良くなってきます。

現在の雑草具合とシバキープ

今年は良い感じで10mmの刈高で芝刈りが出来ているので、目立った雑草はありません。

いつもならシバキープの液体でピンポイント散布して枯らすのですが、刈高を低く保てているため芝生が密になっているのか雑草が少ないです。

上の写真のような雑草にはスポットでシバキープの液体を散布。

もちろんシバゲンなど持効型除草剤はしっかり散布していますので、効果がまだ持続はしていると思います。

これから暑くなってくると雑草も増えますから、今年新投入「シバキーププラスV」を散布しました。

間違ってもラウンドアップなどのグリホ系は使用しないようにしてください。芝生が全滅します。

固形タイプです。

肥料までプラスされていますので、省力管理にもってこいです。

この手のタイプの注意点はだいたい同じです。

  • 高温時の使用禁止
  • まきすぎ注意
  • 効果発現は遅い。遅効性。
  • 効果は3~4ヶ月持続

西洋芝にも使用できない旨の記載があります。

固形タイプの肥料もそうですが、高温時に散布すると肥料焼けなどを起こします。

夏は液体タイプが良いですね。私も液体のメネデール肥料を夏は多用します。

スプレッダーでシバキープ散布

付属の散布器も付いていますが、面倒なのでスプレッダーで撒きます。

スプレッダーは肥料の大きさによっては撒きにくいのですが、(今回もかなり撒きにくかった)無理矢理使用。

スプレッダーには開度を調節できるダイアルがあります。

少ししか開かないように設定して散布。

ハンドルが固い固い。でも無理矢理散布しました。

出来れば雨が降る前の日が散布に良いですね。雨が降ると水道代の節約になります。

芝刈り後は液体肥料を散布するのですが、このシバキーププラスVは肥料もしっかり入っている(というか98%が肥料など)ため、液体肥料を撒かなくて良いからお金も節約になります。

しかも固形肥料のため効果は4ヶ月持続するそうです。

肥料に関しては除草と肥料の混じったシバキープと、液体のメネデールで十分な感じですね。

あとはサッチ分解剤のイデコンポと、除草剤シバゲンの4本構えで万全でしょう。

レインボー薬品
¥4,217 (2021/11/28 17:45時点 | Amazon調べ)
Scotts (スコッツ)
¥3,920 (2021/06/30 08:08時点 | Amazon調べ)
関連記事

芝生省力管理スケジュール 芝生ってお手入れを怠るときれいにならないのですよ。とはいえ会社勤めだとなかなか時間がとれない。休みの日が雨だと芝刈りができずに次の週になってしまうことも多いですよね。そうすると芝生がぼさぼさになって見栄えが[…]

関連記事

庭に芝を張るならこれだけは揃えよう 私は家を新築して庭をどうするか考えたときに木を植えるのも面倒だったので芝生を張ることにしました。 芝にも夏芝や冬芝などありますが、もっともポピュラーなのは夏芝の高麗芝だと思います。 高[…]